学生を集める学校コンサルタントのブログ

半永久的に学校を繁栄させるには、【真の学生募集】を実践することが不可欠です。専門学校をはじめ大学、短大の学生募集に特化したコンサルティングを専門とするスクールマーケッターが、学校を繁栄させるためのノウハウをこっそりお教えいたします。

 

ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ


無料レポート進呈!
『学校コンサルタントが教える
学生募集の方法』

(PDF310ページ)
募集戦略やコンセプト構築についての
アイディアが満載!


学校コンサルタントが教える コンサルティング・マニュアル

学校コンサルタントを雇わなくても、自分でコンサルティングができてしまう学校経営者のためのマニュアルです。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
行動を起こさせるプレゼンとは?
 

行動を起こさせるプレゼンテーションでなくてはならない

 

 


学校説明会のように対面であっても、パンフレットであっても、ホームページ、であっても、何が言いたいのか分からないのでは意味がない。

 

あなたが、受験生にどのように行動してほしいのかを正確に伝える必要があります。

 


言葉がきれいなプレゼンテーションであったり、デザインがきれいなホームページであっても、受験生を惹きつけるパワーがないと、結果はだせません。

 


悪い例をあげます。

 

「今すぐオープンキャンパスにお越しください。今週土曜日午前9時から日曜日の午後4時まで体験学習をやっています。参加された方には、お弁当とお茶(ペットボトル)の無料券を差し上げます。」

 

このオファーで、

「すごいなぁ。弁当がただでもらえるのだから、オープンキャンパスに参加しよう。」

「こんな良い学校だから、受験をしよう。」

とは、誰も思わないでしょう。

 

でも、こんな勘違いをしている学校が、結構あるものです。

 

受験生といえば、18歳以上の若者です。

こんな子供だましのオファーで、騙されることなんてないです。

 

もし、このようなオファーで騙されて受験する学生を誰もほしいとは考えないはずです。

 

それでも、やってしまうのですから不思議です。

 


それでは、これはどうでしょう?

「学校説明会やオープンキャンパスに参加した方には、受験料を全額免除します。」

 

これもダメです。

 


「受験料がタダだから受験しよう!」

とは、99%思わないです。

 

儲かったと思うのは、元々、受験すると決めていた受験生だけです。受験を決定的にしたものではないのです。

 


学生が集まらないと嘆いているマーケティングは、すべて弱弱しいからなのです。

 


では、強力なマーケティングとは、


先日から述べてきた、プレゼンテーションの4つのポイントの手法を組み合わせることで可能になります。


そして、強いマーケティングを使うと、いつでも、どんな場面でも、学生募集で大きな結果をあげられます。

 

 


プレゼンテーションの4つのポイントのまとめ

 

ポイント1、プレゼンテーションの内容が十分に整理されていること。

ポイント2、プレゼンテーションの内容が理解可能なものではなくてはならないこと。


ポイント3、プレゼンテーションが面白く、エキサイティングでドラマチックなものでなくてはならない。


ポイント4、行動を起こさせるプレゼンテーションでなくてはならない。

 

 

 

具体的なプレゼンテーションについては、『学生を集める学校コンサルティング・マニュアル』で学ぶことができます。

→ 効果的な高校訪問の方法

 

 

| マーケティング | 20:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - |