学生を集める学校コンサルタントのブログ

半永久的に学校を繁栄させるには、【真の学生募集】を実践することが不可欠です。専門学校をはじめ大学、短大の学生募集に特化したコンサルティングを専門とするスクールマーケッターが、学校を繁栄させるためのノウハウをこっそりお教えいたします。

 

ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ


無料レポート進呈!
『学校コンサルタントが教える
学生募集の方法』

(PDF310ページ)
募集戦略やコンセプト構築についての
アイディアが満載!


学校コンサルタントが教える コンサルティング・マニュアル

学校コンサルタントを雇わなくても、自分でコンサルティングができてしまう学校経営者のためのマニュアルです。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
学生募集で効果的なプレゼンとは?

 

学生募集で効果的なプレゼンテーションとは?

 


学生募集をする上でプレゼンテーションは、とても重要です。

受験生にメッセージを伝える手段は多種多様です。

 

オープンキャンパスや学校説明会でのプレゼンテーションもあれば、

ダイレクトメール、新聞広告、広報誌、TVコマーシャル、

パンフレット、ホームページ、メルマガの場合もあります。

 


どのメディアを利用するかに関係なく、その効果を最大限に高める

ためには、4つのポイントがあります。

 


ポイント1、プレゼンテーションの内容が十分に整理されていること。

ポイント2、プレゼンテーションの内容が理解可能なものではなくてはならないこと。


ポイント3、プレゼンテーションが面白く、エキサイティングでドラマチックなものでなくてはならない。


ポイント4、行動を起こさせるプレゼンテーションでなくてはならない。

 

 
 

順番に説明します。

 

ポイント1のプレゼンテーションの内容が十分に整理されていること。

 


プレゼンは時間をかけて準備され、良く練られたステップ・バイ・ステップのプロセスに受験生を誘導しなくてはいけません。

 


いくらプレゼン内容がきれいな文章で洗練されていても、

結果的に受験生を目的に誘導できなければ意味がありません。

 


まず受験生のニーズを確立してから、何をするか(与えるか)ということを決める必要もあります。

 

たとえば、受験生に入学後の自分をイメージできないという不安があったとします。


その場合には、在校生の声を集めて紹介することで、受験生不安を払しょくすることができます。


その上で、「学校説明会では、ここに載っている在校生が相談に乗ってくれます。」

と書いてあれば、学校説明会に参加しようと心が動くわけです。

 


このように、プレゼンするときには、ステップ・バイ・ステップで

ものごとを考えることが重要です。

 

この次は、明日になります。

学校コンサルタントのブログをお楽しみに。

 

 → 効果的な高校訪問の方法

| マーケティング | 19:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:15 | - | - |