学生を集める学校コンサルタントのブログ

半永久的に学校を繁栄させるには、【真の学生募集】を実践することが不可欠です。専門学校をはじめ大学、短大の学生募集に特化したコンサルティングを専門とするスクールマーケッターが、学校を繁栄させるためのノウハウをこっそりお教えいたします。

 

ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ


無料レポート進呈!
『学校コンサルタントが教える
学生募集の方法』

(PDF310ページ)
募集戦略やコンセプト構築についての
アイディアが満載!


学校コンサルタントが教える コンサルティング・マニュアル

学校コンサルタントを雇わなくても、自分でコンサルティングができてしまう学校経営者のためのマニュアルです。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
何故?入学者が集まらなかったのか?

 何故?入学者が集まらなかったのだろうか?

どうして、受験生が減っているのだろうか?

何が悪い原因なのだろうか?



原因を知りたくないですか?
教えて上げましょう。

上手くいかない原因というのは、

大体、このようにして「原因探し」や「理由探し」にのめり込んでしまい、
前に進まないことにあるのです。

ふつう、人というのは、失敗した時や出来ない時に頭に浮かぶのは、
「どうして私には出来ないんだろう。」という自問です。

そして、行き着く答えというのは、

「やっぱり、私には無理だったんだ。」
になるのです。

これは、セルフイメージによるものなのですが、
自分を中心にして答えを導くと、こうなるのでしょうね。

子どもの頃から、人は物事を判断する時には、
自分の経験や知識だけに頼って判断する傾向にあります。

そうすると、先程のように、
「私にはできない。」とか、「私には、無理だ!」となるのは、仕方のないことかもしれません。

こんなマイナス思考では、何も良いことは起きません。
ですが、
「何故?」
と、自問してしまうのです。

質問で大事なのは、「何故?」ではなく、

「どうすれば?」
です。

上手く行かなかったときに、
「どうすれば?」と質問すれば、多くのアイディアが浮かんできます。

落ち込んでいるときでも、
「どうすれば?」と考えると、なぜかワクワクと楽しくなってきます。

それは、心が前向きになっているからです。
消極的と積極的では、結果は明らかです。
天国と地獄ほどの差が生まれます。

間違っても、「何故?」と質問してはいけません。

これからは、どんな逆境にあっても、
「どうすれば?」と、前向きに質問してください。

これが、スクール・マーケティング実践会のコンサルティングです。

⇒ 学生募集における差別化戦略

 

| マインドセット | 09:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:26 | - | - |