学生を集める学校コンサルタントのブログ

半永久的に学校を繁栄させるには、【真の学生募集】を実践することが不可欠です。専門学校をはじめ大学、短大の学生募集に特化したコンサルティングを専門とするスクールマーケッターが、学校を繁栄させるためのノウハウをこっそりお教えいたします。

 

ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ


無料レポート進呈!
『学校コンサルタントが教える
学生募集の方法』

(PDF310ページ)
募集戦略やコンセプト構築についての
アイディアが満載!


学校コンサルタントが教える コンサルティング・マニュアル

学校コンサルタントを雇わなくても、自分でコンサルティングができてしまう学校経営者のためのマニュアルです。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
良いアイディアが浮かばないと悩んでいませんか?
 良いアイディアがあれば、上手くいくのに。
いくら頭を捻っても、良いアイディアが浮かんでこない。

そんな経験はありませんか?

戦略、計画、コンセプト、USP…
どれもアイディアがないと、はじまりません。

今の時期では、体験入学やオープンキャンパスで、何をすれば
効果的に多くの参加者を集めることができるだろうか?

と、考えているはずです。

この時のアイディア次第で、効果は雲泥の差が生まれるのです。
それぐらい、アイディアの質というのは重要なものです。

ところが、誰でも、アイディアを考えることばかりに焦点を合わせてしまっているので、
「これは良い!」というアイディアは中々、浮かばないものです。

どれだけ多くのアイディアが浮かんでも、効果が出ないようなありきたりのアイディアでは、
仕方ないのですが…

「他校もやっているから。」とか、
「昨年もやったから。」
という無責任な理由によるものが多いのです。

これが、現状ではないでしょうか?


では、どうすれば、「これは良いアイディアだ!」というアイディアが生まれるのでしょうか?

それは…

アイディアを考える人の脳を変えることです。

「どういうことだ。それは?」

良いアイディアを出すには、脳を変えることが大事なことのです。

分かり易く説明します。
脳がマイナス思考では、マイナス思考のアイディアしか生まれません。
また、固定観念に染まっていては、固定観念の内にあるアイディアしか出てきません。


ですから、先程申しあげたように、
「他校もやっているから」とか、「「昨年もやったから」
というような進歩のない理由によるアイディアしか生まれないのです。

ところが、
もし、あなたの固定観念を崩し、積極的な心構えに変えることができると、
今まで思いもよらなかった面白いアイディアが浮かんだり、
自分を犠牲にしてでも効果を上げることに焦点を合わせたアイディアを創造できるのです。


ご理解できたでしょうか?

良いアイディアを創造するために大事なことは、
考えるという行動ではなく、先ず、良いアイディアを出すための心構えを作ることにあったのです。

では、どうすれば、あなたの脳をアイディアを次から次へと生む脳に変えられるのでしょうか?
そんなことを容易にするのが、学生を集める学校コンサルタント上林厚司郎のコンサルティングなのです。

一度、ご覧下さい。

http://ueb-a.com/

⇒ 学生募集における差別化戦略
 
ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ
 
| モチベーション | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - |









http://school-hanei.jugem.jp/trackback/119