学生を集める学校コンサルタントのブログ

半永久的に学校を繁栄させるには、【真の学生募集】を実践することが不可欠です。専門学校をはじめ大学、短大の学生募集に特化したコンサルティングを専門とするスクールマーケッターが、学校を繁栄させるためのノウハウをこっそりお教えいたします。

 

ブログランキングに参加しています。
 クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 学校経営へ


無料レポート進呈!
『学校コンサルタントが教える
学生募集の方法』

(PDF310ページ)
募集戦略やコンセプト構築についての
アイディアが満載!


学校コンサルタントが教える コンサルティング・マニュアル

学校コンサルタントを雇わなくても、自分でコンサルティングができてしまう学校経営者のためのマニュアルです。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
貴校を差別化するアイディア捻出方法

 いくら少子化が進み、学生募集が困難になったといっても、進学する者がなくなることはありません。
それどころか、全体としては進学率は上がっているはずです。

個々の学校で入学者が減っている理由というのは、競合が増えているからなのです。
入学者を増やす簡単な方法は、この競合に勝つことです。

競合と協力して、全体の希望者の数を増やすことも大切ですが、現実的に困難なことです。
ですから、どこの学校でも競合に勝つ方法を知りたいのです。

それが、競合との差別化です。
自校に跳び抜けたUSP(自己優位性)があれば、学生を引きつけることは容易です。

ですから、どこもかしこも、「差別化、差別化」と言うのでしょうが、いざ差別化を考える段階になると、中々、アイディアが出ないものです。

今回は、特別にアイディアの捻出方法をご紹介します。
下図は、私がコンサルティングで使う方法です。ご参考にしてくだされば幸いです。



学校を差別化する方法というのは、大きく分類すると、教育面での差別化、学費面、キャンパスライフ、施設・設備の面のいずれかです。

たとえば、貴校が教育面での差別化を図りたいのであれば、
教員の差別化、教育内容の差別化、カリキュラムの差別化、資格の差別化、就職の差別化のどれかを差別化することになります。

そして、教員を差別化するのであれば、
教員の技術面なのか、人柄なのか、またはカリスマ講師なのか…

これらのどれかを差別化することになります。

教員の技術を差別化するために考えられることは、

技術のある教員の採用方法をどうするか?
今ある教員の技術を向上するために、研修制度を充実する方法をどうするか?
学生から評判のいい教員とは?どうすれば評判のいい教員を揃えられるか?

…というようにして、どんどんと突っ込んで考えていきます。
そして、現実的に自校でできる可能ある方法を選ぶのです。

そして、後はそれを実行することになります。
真の差別化ができれば、学生は面白いように集まるはずです。

その前に、脳みそを酷使してでもアイディアを出すことが重要です。

もっと、差別化戦略について知りたい方は、こちらも参考になります。
下をクリックしてご覧ください。

学生を集める学校コンサルティングマニュアル

→ 効果的な高校訪問の方法

| 戦略 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:09 | - | - |









http://school-hanei.jugem.jp/trackback/107